縮毛矯正 カラー | 縮毛矯正とカラーの間隔は2週間!

縮毛矯正とカラー
スポンサーリンク




縮毛矯正とカラーの間隔は2週間

縮毛矯正というのは美容室のメニューの中で一番に痛むと言ってもいいほどに強い薬剤を使ったメニューの一つです

だから僕は縮毛矯正カラー同時やる事を勧めません

↓↓↓

縮毛矯正とカラーは同時施術するのはダメです

では…もし縮毛矯正とカラー別の日に分けるのであれば、どのくらいの期間を空けたらいいのでしょうか?

それは、2週間です

なぜ縮毛矯正とカラーの間は2週間空けるのか

縮毛矯正とカラーの間隔に2週間空けるのが一番ベストだと考えています

勿論ただ闇雲に2週間と言っているわけではありません

ちゃんとした根拠があります

縮毛矯正などの薬剤が髪から無くなるのに2週間かかるからです

縮毛矯正の薬だけに関わった事ではありませんが、美容室で扱う薬剤(カラー剤,パーマ液,縮毛矯正剤)というのは髪の毛の内部に浸透したらお湯などで流したとしても残留薬剤としてだいたい2週間ほど髪の中に滞在すると言われています

もちろん個人差はあります(だいたいがシャンプーの回数による差くらいです)

もし2週間以内に次の施術をもし行ってしまったのであれば、まだ髪の中に薬剤が残った状態での施術になる為、通常以上に髪の毛へ負担が大きくなると思って下さい

できるだけ髪の毛を痛ませたくないのであれば、髪の中に残留薬剤が残っていない状態での施術を僕は勧めます

ゆえに、縮毛矯正とカラーの間隔は2週間です

カラーが先でも2週間空けたほうがいいですか?

勿論です

カラー剤も縮毛矯正の薬剤と同じく2週間は髪の中に残留薬剤として残るものです

ゆえにカラー剤だとしても2週間空ける事を必須な事です

もしカラーリングから先に行い、その2週間後に縮毛矯正するのであればこの事だけは覚えておいてください

縮毛矯正の薬剤はカラーを退色させる

冒頭にもお伝えした通り、縮毛矯正の薬剤というのは美容室でも1,2を争うほどの力を持つ薬剤です

なので、カラーリングで綺麗な髪色になったとしても。縮毛矯正の薬剤を髪の毛に付けてしまったら、簡単に退色してしまうのです

せっかく綺麗に染めてもらったカラーリングも、縮毛矯正の薬剤で一瞬にして無くなってしまうのです

だからと言って白髪染めも全て落ちてしまい真っ白になるのかと心配される方もいますが、白髪染めの場合はそんなことありません

白髪染めというのは濃い染料を使っている為、縮毛矯正の薬剤で完全に取り除く事はできません

少しくらいは色落ちはすると思いますが、本当に微々たるものなのでご心配なく2週間後に縮毛矯正をしてください

まとめ

縮毛矯正とカラーの間隔は2週間です

できるだけ髪の毛に負担のない施術を行い綺麗な髪の毛にしていきましょう